室内塗装工事

2008年4月16日 (水)

大黒柱、塗られる、そして子ども部屋ドア再び

*本日は記事を2つ、アップしています。

*****************

こちらも同じく4月13日の現場。

大黒柱が塗られていました。

Imgp3891

木目を生かしてマットにブラウン系で塗装される、
という予定になっていた大黒柱
塗られるまではどんな色になるか、想像がつかなかったのですが、
この色、かなりいい色で気に入りました。
個人的には、これくらい濃い木の色は好きです。
後ろに見える、ヒバの古材は、大黒柱と木の色が
ぶつからないようにと、
結局ブルーグレーに塗装されたわけですが、
結果、これで良かったかな。


そして、前回、暗くていまいち写真がきれいに撮れなかった
子ども部屋ドア、色がもう少し良く分かるように撮り直してきました。

Imgp3896

うちは姉妹ですが、あえて寒色系をセレクトしました。
思いきり私の好みですが、結構かわいくまとまり、
個人的にはとっても気に入っています。
(ちなみにこのドアを開けると、玄関裏の黒板スペース&絵本棚になっています。)

子ども部屋には、家づくりに入った頃から目を付けていた
あるライトがつけたいと思っているのですが、
今そのカラー&柄をどれにしようか(5柄もあるのです!)、
とっても迷っているところです。
オープンハウスも控えているし、早く決めなきゃなんだけど、
今、かーなーり!!迷っています。
照明って部屋の印象をだいぶ左右しますよね〜。
う〜ん、がんばって悩みます!

*今夜も一人頭を抱えそうな照明選び。
決まったらまた報告しますね。
引き続き応援クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (0)

問題のアンティーク窓枠のその後...

同じく、4月13日の現場。

先日衝撃の塗装(ブラウンで未塗装のままにしておくべき
洗面側アンティーク窓枠がホワイトに塗装してあった事件)が
施されていた窓枠、この日行ってみたら、こうなっていました。

Imgp3816

あ?もうブラウンに直ってるけど。

設計Yさんの話では、塗料が定着する1週間後の様子を見て、
やすりで削って元の色を出すか、ブラウンに塗り直すか、
という話だったのですが、13日の時点でブラウンに塗り直されていました。
見た目、もとのカラーにまあまあ近いから、まあいっか、と。
あんなに「大問題!」とか言って騒いでたわりには、
あっさり妥協した私。これでいいんでしょうか...(笑)
まあ、風合いは意外といい感じだったので、
とりあえずこれで解決したこととしようと思います。
ちょっとせつないけど。

*みなさんのおかげで、ただいまランキング第5位になっております。
引き続き、応援クリックいただけるとうれしいです!
にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (0)

2008年4月15日 (火)

洗面の古材&トイレドア、塗られる

こちらも引き続き、4月9日の様子。


悩みに悩んだ、洗面入り口のヒバの古材、塗られました。

Imgp3637

悩みに悩んで、ここもグレーステインに決めたのですが、
どう...ですかね!?
う〜ん、やっぱりヒバの色をそのまま生かした方がよかったかなあ。
意外とベタッとした感じに仕上がったんですよね。
けれど、まあ、トイレドアを同じグレーステインにしたので、
それとリンクすれば、この色で良かった気も。


で、これがそのトイレドアです。

Imgp3652

どうでしょう?こちらはなかなかいいかも、と自分では満足しています。
完成後、うちに来た方、「トイレは青いドア」、と覚えて下さいね〜(笑)
実際、うちのトイレは洗面室の中に組み込まれたような、
結構分かりづらい場所にあるので、目印にもなるしと思って、
この色にしたのです。少しは分かりやすくなったかな。


*ここまでは、なかなか順調な塗装。
が!実はこの後大問題発覚!だったのです。
続きが気になる方、ぜひぜひ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (0)

アンティーク窓枠、塗られちゃった!!

*本日は記事を2つ、アップしていいます。

***********************

4月6日の現場のつづきです。

この日発覚した大問題とは...。


こちら。ものすごーく愛着のあるフランスのアンティーク窓枠。
洗面室側から見たところ。

Imgp3658

気付いた方、いますか?
これが、大問題なのです!

このアンティーク窓枠、片面はぽってりしたミルクペイントのホワイト、
そしてもう片面は、ブラウンにペイントされていたもの。
片面ずつカラーが違うところにひかれて購入し、
LDK側にホワイト面、洗面室側にブラウン面、
となるように設置したのです。

もうお分かりですね?もう一度さっきの写真を見て下さい。
洗面室側なのに、塗られてるーーーーーーー!!!!!!
Noooooooooooooo!!!!!!
これを発見したときのそれはそれはショックだったこと...。
ソッコー設計のYさんに電話。
塗装屋さんのミスとのことで、一度間違ったホワイトの
ペンキが定着してから、ヤスリで元のブラウンのカラーを出すか、
そうでなければ、似たようなブラウンで塗り直しだそうです。
は〜、もうどっちにしろ、最初のあのブラウンの表情は
戻らないだろうな。
だいぶへこみましたが、とりあえずもうこうなってしまった以上、
様子を見て最善の策を講じるしかなさそうです。

*いや〜、へこんだへこんだ。
予想外の展開に大ショックな私にぜひ、
ドンマイの応援クリックを!
にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (0)

2008年4月14日 (月)

収納と子ども部屋ドア、塗られる

*本日は記事を2つ、アップしています。

*********************

同じく4月9日、室内塗装の様子です。


リビング収納のクローゼットドアが塗られました。
こちらも白ステイン。


Imgp3639


塗装関係ないですが、こちら
リビング収納のすぐ脇に、ロフトへのはしごが
取り付けられてありました。

Imgp3649


話は塗装に戻り、こちら子ども部屋ドア。

Imgp3655_2

行った時間が遅く、暗くて少し見にくいですが、
2つ並んだドアは、ペールグリーンの濃淡に塗られました。
左(奥側)が薄いペールグリーン、右(LDK側)が濃いペールグリーン
(結構ブルーっぽくなりましたが...)です。


*もしよかったら、応援クリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (2)

玄関まわり、塗られる

4月9日の現場。
室内ではこの前、悩みながら決めた室内のドアなどの
塗装工事がどんどん進んでいました。


まずは玄関まわりから。

玄関入ってすぐの板壁は、ブルーグレーに。

Imgp3650

このブルーグレーという色、私の大好きな色で、
結果的に新居のテーマカラーになりました。


同じくブルーグレーで窓枠を塗装した、玄関とLDKとの
間に入れたアンティークステンドグラス。

Imgp3646

なかなかしっくりきてるような気がしてるんですが、どうでしょうか?


こちら、LDKから玄関方面を見たところ。

Imgp3648

ここのドアと同じく、子ども部屋とトイレ以外の室内ドアは全て、
白ステインで塗装されました。

一時、ドア色は木のそのままのカラーを生かそうかと
迷った時期もあったのですが、結果この白ステインで
良かった気がします。
壁と馴染んで部屋が広く見えるような感じがします。

*まだ続きます、4月9日の記事。
おかげさまでついにトップ10入り!
引き続き、がんばります!
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (2)

2008年4月 8日 (火)

巾木、ケーシング、棚板

同じく4月6日の現場。
先日の塗装打ち合わせで決めたカラーで、
巾木、ケーシング、棚板等から塗装が始まっていました。


こちら巾木。

Imgp3598


ケーシング。(ちょっと見づらいですが)

Imgp3597


これはキッチン横(勝手口脇)のパントリー的に
使用する予定の棚の棚板。がっしりとした頑丈な棚板です。

Imgp3602


このように、裏方的な箇所は全て白ステインで塗られます。


また、先日の塗装打ち合わせの時に塗装屋さんが色決めの参考に
作ってくれたカラーサンプル。

Imgp3610

こんな風に、実際に木材に色を作りながら、「これ」と
決めていきました。
ちなみにこれはトイレドアのブルーグレーのカラーサンプル。
下から2番目のカラーがトイレドアに塗られます。

*まだまだ続きます、4月6日の記事。
その前にポチリと応援クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (0)