ルーフィング工事

2008年4月 8日 (火)

屋根にのぼってみた

*本日は記事を2つ、アップしています。

********************

同じく4月6日。
夫oujiが屋根に登りだしたので私も後に続きました。


横に長い家なので、けっこう広大な我が家の屋根。

Imgp3619

煙突が見えます


煙突に寄ってみました。

Imgp3621

まだ薪ストーブ&煙突が入っていないので、ふさいであります。


屋根がとんがってる部分(こんな変な説明で分かりますか!?)、
合わせ目はこんな風にアスファルトシングル(屋根材)が
貼られていたんですね。屋根に登って初めて見ました。

Imgp3625


こちら、家の北側の屋根上からの眺めです。
埋蔵金のあの山がよーく見えます。
裾野と言うより中腹って感じなので、山の上半分が見える感じです。

Imgp3623


そしてこちらが浴室から見える東側。
林が広がっています。その林までの間に小川が流れています。
木立までの間はキッチンの勝手口から出るのに便利なので、
キッチンガーデンにしたいと思っているところ。

Imgp3624


そしてこちらはガレージ前。アプローチには、
とりあえず工事車輌用にジャリがひいてありますが、
完成後はまずここを、なんとかいい感じに整えたいなあ。

Imgp3618


いくら平屋とはいえ、完成すればなかなか登ることもないだろう
我が家の屋根。楽しくて夫と二人、すっかりテンション上がってしまいました♪

Imgp3616


*今日もがんばって更新してます。
そんな私にぜひぜひ応援クリックを!
にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (2)

2008年3月10日 (月)

ルーフィング工事3

3月9日の現場。

今日は設計Yさんと、外壁の塗りカラーを決めるため、
現場で打ち合わせ。
日光の下であらかじめYさんが選んできてくれた白系の6色の
サンプルカラーの中から、どれがよいか決めていくことに。
屋根のカラーと合わせたり、サッシにあててみたり、
遠くから見たり近くから見たりいろいろ試しながら、
最終的には、真っ白とベージュがかった白のちょうど
真ん中辺りの白に決めました。空っ風による砂埃のすごい場所なので、
真っ白にする勇気はなく...。意外と砂の汚れが目立たないという
Yさんのお勧めもあったので、その色に決定しました。


その後は恒例の現場チェック。
こちら、この日の外観。

Imgp2908

前回見たときは、屋根との境目の外壁はまだ断熱材が貼られていない
箇所もあったような気がしたのですが、もう外壁の断熱材は全て貼り終え、
なんだか今までよりとてもすっきりした印象。

近寄ってみたらその秘密が分かりました。

Imgp2903

破風板(はふいた、って読むらしいです。驚き!)が付いていました。
アルミの白。外壁と色がマッチする予定なので目立たずいい感じです。


そしてこちら、ウッドデッキ上の屋根の軒裏も変化あり。

Imgp2905

米杉が貼られてすてきな感じに。今まで何回も見てきたH社の
オープンハウスで、この軒裏の部分が木になっているのが
とても気に入っていたので、ここに木が貼られたのを見て、
「ムフフ、うちにも」と、ちょっとうれしかったです。

*ランキングに参加しています。
最近なぜかランキングが下降気味...。
ぜひぜひ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (0)

2008年3月 5日 (水)

設備工事5

2月29日の現場。

浴室と、洗濯脱衣室との間のFIX窓が入っていました。
(なぜかまだ枠だけだけど)
洗濯用の水栓にもプラスティックのカバーが付けられていました。

Imgp2744

うちは、洗濯脱衣室と浴室との間がなるべく開放的になるように、
浴ドアも透明ガラスドアにしました。
まだこの時点では、ドアがないのですが。
(というか、間違って届いた普通のポリカーボネート?のドアが
浴室に待機していて、一瞬焦りましたが。
設計Yさんに問い合わせたところ、後でガラスドアに付け替えるとのこと)
ただし、ガラスドアだと当然浴室内が丸見えになるので、
洗濯脱衣室と洗面室との間のポケットドアをカギ付きのものにしました。
洗濯脱衣室は、床も浴室内に使用したのと同じタイルにしたので、
(無垢の床板だとどうしても水汚れに弱いため。掃除の楽な方を選択。)
ガラスドアの効果と相まって、より広く見えるようになるといいなと思っています。


こちらは、子供部屋に入る部分の短い廊下と、玄関との間の部分。
間取り解説に書いた、「上部オープン」と、「黒板」と、
「絵本棚」との関係を写真に書き込んでみました。

Imgp2745

廊下つきあたりが絵本棚になり、向かって右側の玄関部分とは、
上部オープンでつながっています。
最初はこのオープン部分に寒さ対策でガラスを入れた方が
良いのでは、と思ったのですが、完成したら高機密高断熱、
そしてさらに外断熱(+強力な薪ストーブ)の効果で
1歩玄関に入れば、家の中は全て同じ温度、とのこと。
設計のYさんは自信をもってオープンで大丈夫、
ということだったので、それを信じてみることに。
万が一どうしても寒いようなら、後からガラスも
入れられるということなので、その時は型板ガラスとか入れたら
かわいいかも、と思っています。


それとこちら、完成した屋根をアップで見たところ。

Imgp2753

これは子供部屋の屋根のところです。
屋根材1枚1枚のカラーが微妙に違って、なかなかいい感じかも。
この日は職人さんが外にいなかったので、
遠慮なく足場に登って撮影しました。
自分の家の屋根なんて、完成してしまえば早々こんなに近くで
見ることもない場所。足場にも登りたくて登りたくてしかたなかったので、
うれしくて、足取り軽くヒョイヒョイ登って行って撮ってきました。
その後、ネム子に「ネム子も登る〜!」とせがまれて大変でしたが。

*ランキングに参加しています。
もしよかったら応援クリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (0)

2008年2月26日 (火)

ルーフィング工事2

2月23日の現場です。
今日も屋根屋さんと設備屋さんのみ、大工さんはお休みです。
それぞれ、ルーフィング工事と設備工事の続きが行われていました。

まずはルーティング工事から。
屋根に貼っていた白い防水シートは全て貼り終え、
一部もう屋根材が貼られていました。
Imgp2615
(そして昨日までは何も貼っていなかった外壁が「ダブルベスト」という
黒い防水シートで覆われ、家の表情が一変していました。ビックリ!)

うちの屋根は「アスファルトシングル」という屋根材です。
瓦等に比べるとずっとシンプルでフラットな印象になります。
また軽いため、耐震の面でもメリットがあります。
よくある瓦屋根の「南欧」っぽい雰囲気よりも、
もっとすっきりした感じのものが好きだったので、
この屋根は気に入っています。屋根材ひとつひとつの
カラーが微妙に違うので、貼り終えるとグラデーションっぽい
感じになるのも、いい感じです。

*ランキングに参加しています。
しつこいですが、1クリックしてもらえるとうれしいです。
にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (0)

2008年2月25日 (月)

ルーフィング工事

2月22日の現場。
屋根、できてました!
Imgp2600

スゴイ!いきなり「家」になってる〜!

ウッドデッキの上の軒もちゃんとできていました。
Imgp2609


「屋根屋さん」に初対面。
Imgp2612

おそらく防水シートを貼る作業をしているものと思われます。
うちは平屋なので、屋根の面積も大く、
なかなか大変な作業かも。ご苦労様です。

そしてそして、薪ストーブ用の煙突(の出口)もできていました。
Imgp2613

屋根にぽっこりと。

考えてみたら、これってもう「上棟した」、ってことになるのかな。
あっという間に上棟を迎えていた我が家。
2×4だし、信心深くない夫婦だし、出費も省きたかったので、
特に上棟式は行わなかったのですが、
悪天候の中、予定期日までにきっちりと屋根をつけてくれた棟梁たちに、
せめてこの日、お礼を言いたかったのだけれど、
あいにくこの日は屋根と設備の工事だけだったらしく、
大工さんたちの姿は見当たらずでした。
けれど、屋根のかかった姿を見たときは、さらにぐっと実感が湧いて
だいぶテンション上がったのでした。

*ランキングに参加しています。
おかげさまでただいま8位。このままがんばります!
にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (2)