着工まで

2007年12月24日 (月)

地盤改良

事前の地盤調査で予想外に「地盤改良が必要」という
結果が出た我が建設地。
建物の予算だけでもいっぱいいっぱいなのに、
水道やらなんやらでいろいろ痛い出費がかさみます。
とは言え、地盤改良をやらないわけにはいかず。
12月22日、さっそくその作業が行われました。

やってきた地盤改良のために使用する機械。
ちなみに白い紐で囲ってある部分が未来の我が家。
(周りの景色からいかに山の中に家がつか想像できると思います。笑)
Imgp2005_4


これがそのアップ。
おじさん、よろしく頼みます。
Imgp2006_4


数字が書いてある大袋にはコンクリートの素(?)が入っています。
トラックの上の機械でコンクリートを作り、
それを先ほどの青い機械に入れていきます。
Imgp2015_3


青い機械の先端はドリル状になっていて、地面を掘りつつ、
同時に、直径40cmほどの円柱状のコンクリートを、
地中に埋め込んでいきます。
Imgp2024_3


埋め込まれたコンクリートはこちら。
これだけで地盤が強くなるなんて不思議。
Imgp2027_3


この作業を繰り返し、敷地内の約50か所に円柱状のコンクリートが
埋め込まれました。
Imgp2030_3


始まる前は、いったいどんなことをするんだろうと思っていた
地盤改良工事。始まってみたら驚くことに丸1日で作業完了。
明日25日からはいよいよ基礎工事が始まり、着工となります。

| | コメント (0)

地鎮祭

今月の16日、地鎮祭が行われました。
とても寒い日で風花が舞う中、無事地鎮祭が執り行われたらしい。
というのは、私nipokoは次女コネム子の入院のため、
参加できなかったから。施主としての初めての行事だったので
楽しみにしていたのだけれど。
というわけで、その時の様子は、夫ouji撮影の写真から。

地鎮祭開始直前、準備にいそしむ神主。
Imgp2000_2
見てお分かりのように、ものすっごく山の中の土地です。
(ちなみに電柱もあとラスト1本で終わり、って場所です…。
ギリで電気引けてよかったよ)

地鎮祭ではいろいろ鎮めて(ハショり過ぎ。笑。けど、私、様子が分からないので)、
滞りなく終了。ちなみに長女ネム子は神主の出で立ちが恐かったらしく、
途中退場したとか。最後に記念の1枚。
神主、夫ouji&長女ネム子、義父。
Imgp2003_2
こういう写真見ると、いよいよ「施主っぽい!!」と、妙にテンションあがりますな。
ま、できることなら、土をoujiがエイエイエイ、っと耕したらしかったので、
その写真も欲しかった。

参加できずだったけれど、ひとまず地鎮祭という
最初の行事を終えて安堵。
これからいよいよ家づくりがスタートするのね、
という実感もジワリと湧いてきました。

| | コメント (0)

水道設置

仮設電柱が立った後行われたのが、水道の設置です。
私たちは、夫実家の家庭菜園だった土地を半分もらって
そこに新居を建てるのですが、なんせえらい山の中。
50Mほど離れた夫実家にはもちろん水道引いてあるのですが、
私たちの新居の建つ土地には水道が引いてなく、
そこに接する道路にも水道が通っていないので、はるか100M程
離れたところから道路を削って水道を引く工事が必要だったのです。
もちろん、それを承知でここに家を建てようと決めたわけですが、
まあ、土地を購入するのに比べ、お金はかかりませんが、
建物本体にかける予算を削って、この水道工事に
予算をかけなければならないので、結構イタイ…。
私たちが建築をお願いしたビルダーに決めるまでに、
いくつかのビルダーをあたったのですが、(300万近い…)
ってところもザラでした。
結果、夫oujiの兄の知り合いの水道屋さんで見積もって
もらったところ、知り合い価格で大幅に値引きしてもらい、
無事、水道を引くことができました。

こちらが無事現地に引かれた水道。
これで一安心です。
Imgp2008

| | コメント (0)

仮設電柱

Imgp2009

農地除外申請&農地転用申請の許可が下りた後、
我が家に初めて、「家がこれから建つ感」(笑)をもたらしたアイテム。
仮設電柱の設置。これを夫実家(建設地に隣接)からの一報で
知らさた時は夫婦でテンション上がりました。
昨日までな〜んにもなかったところに突如現れた電柱。
つっても、ほっそ〜い、頼りない1本の柱なのですが、
そんなものでさえ、「いよいよ始まるのね!」という実感を
我等夫婦に与えてくれるには十分なアイテムでした。
夫と、これ見たさのためだけに、現地の山に車を走らせ「ほほ〜う」と
電柱を感慨深く見上げ、ホクホクしながら帰宅。
これからの家づくりの過程で、こういうドキドキがどんどん訪れていくんだろうな〜。

| | コメント (0)