« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

ほうきとちりとり

以前、シュロほうきをアップしたのですが、
これが、ものすごーく使いやすかったので、買い足しました。

Imgp9889

以前のものはストーブまわり専用、そして今回の分はそれ以外のところに、
と、2本のほうきを分けて使っています。
そしてちりとりも買い足しました。
スタンドタイプのブリキのちりとり。持ち手には革紐付き。
ちりとりはもうずっとこれを買おう、と決めていたものがあったのですが、
今回アウトレットで写真のスタンドタイプのものを見つけて、
価格もお手頃だったし、「よし、玄関周りで使おう」と思って
購入したものの、試しに室内で使ってみたら、
腰をかがめなくてよい楽さに、結局そのまま室内用の
レギュラーちりとりとして活躍してもらっています。

掃除機での掃除もいいですが、こんなふうにほうきとちりとりでの
掃除もまた、なかなかいいものです。
子どもの食べこぼしも、さっとやっつけられるし、
子どもが寝てる時間にも音を気にすることなく掃除ができるし。
おまけにあたりまえだけど電気も使わず経済的。
なんでいままで使ってなかったんだろ、
と思うくらい快適なほうき生活を楽しんでいます。

| | コメント (2)

2009年1月22日 (木)

クッキングストーブのある家 Kさんのお宅訪問(3)

今度はKさん宅の水まわりへ。

洗面もキッチンとお揃いのタイルが使われていて統一感が。
ウッドフレームのミラーが素敵でした。

Imgp9522_2

そして洗面に向かって、右側が浴室、
左側がこんな風に洗濯スペース&家事スペース、
そしてそのまま庭に出られるようになっていました。

Imgp9516

ここは本当に使いやすそう!
家事スペースにしておくのはもったいないほど、
ここもインテリアにも気が配られたスペースでした。
個人的にも、洗面と洗濯スペースは分けたい派の私なので、
この間取りはいいな〜と思いました。

そして今度は2Fへと。

かわいらしい子供部屋。
(あ、映っているのはまたしてもネム子です…)
ベッドとロフト…こういう造りの子供部屋、
誰しも1度は憧れたことがあるのでは。
ちなみに、ロフト部分の壁は一部が淡いピンクに塗装され、
女の子部屋ムードがさらにアップ。

Imgp9524

こちらは2Fの各部屋を結ぶ廊下。
突き当たりの洗面スペース。

右手のドアがトイレなのですが、
2Fはトイレの手洗いのみで済ませるお宅も多い中、
こんな風に洗面を設けるのは珍しいし、ちょっと贅沢な感じです。

Imgp9529

ペデスタル型の洗面台って優雅でいいですね。
ペールブルーの板壁とも相性抜群で、照明の効果もあって
とても雰囲気ある一角になっていました。

Imgp9530

今回伺ったKさん宅。
設計に関してはあまり細かな注文は出さず、
ほとんどH社にお任せした、ということだったのですが、
型板ガラスを使った小さな窓やキッチンの飾り梁、等々
随所に小さなセンスよい工夫が施されていて、
見所たくさんのお宅でした。

けれど何と言ってもこの時期の大きな魅力はやはりストーブ!
お邪魔したこの日は、毎日保育園で散歩に出かけ、
寒さなどものともしないネム子さえ、
「寒いよ〜!嫌だよ〜!」と弱音を吐くほど空っ風ピューピュー
だったのですが、1時間ほどお邪魔したKさん宅を後に、
車を停めておいた駐車場まで歩く100Mほどの道すがら、
ストーブでゆっくりじっくり暖まったおかげで、
寒さを全然感じなかったのです。
これは薪ストーブならではの遠赤外線効果!?
Kさん宅を訪れたのは夕方で、帰ったのはもう夜、
と呼んでもよいくらいの時間帯だったのに、
帰り道の体の暖かいこと。

「やっぱり薪ストーブってすごいね!」

「そしていつかうちも絶対クッキングストーブ入れようね」と

ちょっと興奮気味で帰宅した私たちなのでした。

| | コメント (2)

2009年1月19日 (月)

クッキングストーブのある家 Kさんのお宅訪問(2)

リビングの隣に広がるキッチン&ダイニングスペース。
(あ、ネム子が写り込んでしまってます…)
グリーンのタイルが印象的。
陶器のペンダントライトもグリーンで、
Kさん宅のテーマカラーという印象。
ちなみにこのペンダントライト、H社のショップで取り扱っている
フランスのものなのですが、これが本当に素敵なのです。
こういうのって、ホワイトが定番だと思うのですが、
H社に売っているものは何と12色!
実は我が家もこれをダイニングに3つ入れたかったのだけれど、
価格的に断念した思い出が…。
最近伺うH社のお家ではこのライトを入れているお宅が多くて、
見るたびにやっぱり素敵だな〜と思うのです。
ダイニングテーブルも6人掛けで、こちらもスペース的に
4人掛けに落ち着いた我が家としては、
ゆったりしていて羨ましい限りでした。

Imgp9497

L字型キッチンはスペースも十分。
しかも、随所に飾られた雑貨達が映えてかわいい。

Imgp9501

そして雑貨と言えば…
Kさんのお宅の、圧巻のファイヤーキングコレクション!!

Imgp9509

こんな風に、趣味で集めているもののディスプレースペースがあると、
家の中にほっと和める空間ができていいなと思いました。

そしてもうひとつ、私がKさん宅のキッチンで、
とても気に入ったスペースがこちら。

シンク上部が少し張り出させてあって、飾り梁が。
ここは、真下に来ないと梁が見えないようになっています。
(1番最初の写真と比べてみて下さい)
なんだか少し意外性ある、ワクワクするようなスペース。

Imgp9515

そしてこの並び、写真の手前側に、奥さんのPCスペースがこんな風に。
表からは見えづらい位置に、棚が設けてあって、
本などがおさまるようになっています。
そして座った正面には庭が臨める窓が。
ここに座って、一人ゆっくりおいしいお茶でも飲めたら、最高だろうな〜。
場所的にも、キッチンからもダイニングからも近いので
使いやすそうです。

Imgp9504

Kさん宅のキッチン。
お料理好きな奥様だけあって、スペースも十分。
しかも窓が多いので、とても明るいスペースになっていて、
とても居心地の良さそうな空間になっていました。

→その(3)へ続く

| | コメント (0)

2009年1月18日 (日)

クッキングストーブのある家 Kさんのお宅訪問(1)

先週末、再びH社から声をかけて頂き、
第3回目のお宅訪問に行ってきました。

今回のお宅は9月に竣工のKさん宅。
もちろん、実際にKさんご一家はそこで日々生活されているわけで、
「なんだかほんとに見せて頂いていいのかな〜」、
とドキドキしつつも、我が家と同じく「薪ストーブユーザー」との
ことを伺っていたので、ストーブ話もできたらいいな〜と
思いながらお邪魔してきました。

玄関入って正面、素敵なコーナーがお出迎え。

Imgp9488

うちは玄関ニッチは2カ所あるのですが、小さめなスペースなので、
Kさんのお宅くらい大きめのスペースがあると、飾りがいもありそうです。
写真をよく見ると分かるのですが、ここ、上部オープンになっていて、
この壁の向こうがリビングスペースになっています。
我が家も玄関の仕切り壁は上部オープン。
設計のYさんから提案された時は「玄関からつながっているって、
寒くない!?」と驚いたのですが、室内はほぼ一定の温度に保たれる
H社の家作りでは定番の仕様なのかも。
(確かに実際生活していて、この時期、そのせいで寒い、と
思ったことは1度もないし、全く問題なしです。)

そして上部オープンになっているからこそ、
空間に広がりをもたらす効果があるとのこと。
なるほど、その効果は反対側のリビングからもばっちり感じられました。

さて、私がKさん宅に入ってすぐに目を奪われたのはこれ。

Imgp9490

「蹄鉄」をアレンジしたフック。
これはかっこいいでしょう!(断言!)
ラフな感じがいい雰囲気で、我が家にも欲しい!(熱望!)

そしてこの壁の向こう、リビング側に入ってみると…
まず出迎えてくれたのが本日の主役、クッキングストーブ。

Imgp9491

う〜ん、やっぱり素敵!いいな〜。
この日、外は空っ風ピューピューの、相当寒い日だったのですが、
室内、というより家中がこのストーブだけの熱源でポカポカでした。

このストーブ、高い天井をカバーするため、
とにかく大きさ重視で選んだ我が家の薪ストーブと対照的に、
大きさは割とこじんまりして、一見かわいらしい印象なのですが、
Kさんの奥様にお話を聞くと、ピザはもちろん、パンも焼けるし
お菓子も作れるし、ハンバーグなんかもここで焼いている、とのこと。
ものすごい優れもの!クッキングストーブなだけに、
上の扉が薪を入れる扉、下の扉を開けると、
そこがオーブンスペース、という造りなのですが、
おいもはそこにそのまま入れると焼芋になるそうです。
ちなみにうちの薪ストーブでも焼芋はよく作るのですが、
洗った芋を新聞紙に包んで、それを新聞紙ごと濡らして
それをさらにアルミホイルに包んで焼く…という行程を経て
出来上がります。Kさんちのストーブなら「入れるだけ」
間違いなく楽!!しかも、ストーブのトッププレートは
カバーを開けると、薪の火が直火で当たるようにもなっていて至れり尽くせり。
Kさん宅では、専務のIさんの提案でクッキングストーブを入れた
とのことだったのですが、お料理上手な奥様と、
このクッキングストーブとの相性はバッチリ、という感じでした。
手抜き料理ばっかりの私ですが、いつか時間に余裕ができたら、
次のストーブはこういうタイプもいいな〜ととっても参考になりました。
ちなみに、夫とKさんは薪の管理や薪ストーブ周りのアクセサリの
話でいろいろと盛り上がっていたようです。
Kさんから、お勧めの道具を伺って、しっかりチェックさせて頂いた
我が家でした。

そして、そのクッキングストーブの反対側は
リビング→ダイニング→キッチンスペースへとつながっています。

Imgp9507

リビングのTVコーナー、左側にはグリーンの吐き出し窓があって、
デッキ→お庭へと出られます。
この、TVの上にある小窓。

Imgp9508

これはかわいい!
型板ガラスの2色づかい。
しかも、この窓、開けるとちょうど外にあるオリーブの葉っぱが見えて、
さらにいい感じだったのです。
Kさん曰く、この反対側にあるソファに腰掛けると
すごくいい感じに空が見えるんですよ〜、とのこと。
ずうずうしくも、私も夫も腰掛けさせてもらい、
その景色を堪能させて頂きました。

→その(2)へ続く

| | コメント (0)

2009年1月11日 (日)

雪の朝

先日の雪

もともと山の中にある我が家なので、

すごく寒ーい朝にはチラチラと舞っていたり、

ということはあったのですが、積もったのは今シーズン初でした。

Imgp9444

まだ夫も子供も夢の中。

早朝にリビングの窓からパチリ。

雪国(ハンパない豪雪地帯!)に育った私にとって、

雪の朝は、小さい頃は時に、

世界から自分以外誰もいなくなっちゃったような、

特別な静けさを感じる時間でした。

そんな雪の朝の記憶を思い出したこの日の雪景色。

Imgp9442_2

ちなみに。

いつもは寝起きの悪いネム子が、「今日は雪でお外真っ白だよ」と

声をかけたら、すっくとベッドから起き上がり、

リビングの吐き出し窓に張り付いて今年初めての雪を眺めていました。

ネム子も私が子供の頃に感じた雪の朝の感覚、体感していたのかな

| | コメント (0)

2009年1月 8日 (木)

黒板解禁

子供部屋の黒板スペース。
おうち完成以来、ずっと封印してきましたが、いよいよ解禁しました。

描く。

Imgp8492

喜々として、描く描く描く。

Imgp8489

チョークの粉も落ちるし、毎日解禁、
ってわけにはいかなかったりするのですが、
たまに解禁するのが「描く」って欲求を
最大限に発散できるので逆によかったりするみたいです。

こんな小さな一角だけど、やっぱり作ってよかったな、黒板スペース。

Imgp8502

密かに「ここが我が家の隠れた象徴」と思ったりもしています。

| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »