« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月29日 (金)

玄関で、メダカを飼ってみる

すぐ近くのouji実家から、満を持してメダカをもらいました。

Imgp6565

前からビオトープとかに興味のあった私。
アパート暮しじゃ無理だけど、家を建てたらメダカを飼うのだ、
と決めておりました。
その子たちを飼う容器を探して探して。
やっと気に入るものを見つけたので、この度我が家の新メンバーとして
メダカたちを迎え入れました。
いわゆる和風の「かめ」的な入れ物は嫌いじゃないけど、
やっぱりうちにはしっくりこなくて。
そうなるとなかなかこれだと思うものがなくて。
結局ブリキ製の大きなオーバルバケツを購入しました。
そこに水草2種類ほどとメダカを入れて。
酸素の装置もいらないので超らくちんです。

そのメダカたち、赤メダカ、黒メダカ、白メダカの3種類。
(きっとどれも正式名称じゃないと思うけど。義母がそう言ってた)
いずれも生後わりとすぐの赤ちゃんメダカたち。
チビすぎて目を凝らさないと見えないのもいるくらいの赤ちゃんメダカ10匹ほど。

もちろんネム子さんは大喜びでございます。
もうえさをあげたくてあげたくてしょうがない。

Imgp6559

玄関は天窓のおかげで1日中明るく、けれど屋内なので
気温は上がり過ぎず、メダカを飼うにはいい環境かな、と思っています。

こんな風に今日も玄関の片隅で、
ネム家のみんなを和ませてくれているメダカたち。
大切に大きくなるまで見守りたいと思っています。

Imgp6564

| | コメント (9)

2008年8月27日 (水)

玄関のステップ

幸いプランニングの途中で、わりと広めにスペースを
とることのできた我が家の玄関。
縦長なかたちをしているので、玄関ドアまでの距離もそこそこあり、
また子供が靴を脱ぎはきするときに便利かな〜と、
こんなものを作ってみました。

Imgp5861

Imgp5873

クリの古材をホームセンターで購入し、あしをつけただけのもの。
木工を愛する夫がちゃちゃっと一瞬にして作ってくれました。
オイルで仕上げたらいい感じにほんのりつやも出て、
すべすべとした足触りも気持ち良いです。

Imgp5865

こんな感じに玄関に置いてるんですが、ものぐさな私、
もう少しL字に玄関ドアに向かって板を延ばしたら
ピンポンって鳴った時、靴はかずにドア開けられるんじゃん!?
なんて一瞬思ったんですが...やりすぎですよね
ハイ、このままでいきます。

ちなみに今現在の玄関の様子はこの写真とはまたちょっと違ってまして。
実は玄関でめだか飼いはじめました。
その様子はまた後日...

| | コメント (3)

2008年8月26日 (火)

ホウロウカップ

Imgp6251

洗面で使っているホウロウカップ。
後ろの白いのは約2年使用。
何度も落としてその度欠けて。
けれどそれがさらにい い雰囲気になるので、
「もう、どんどん欠けちゃって〜!」と思いながら愛着をもって使っています。
が、ネム子が使うには少々大きめなこのカップ。
小さな手で一生懸命持っていたけど、時折こぼしてしまったり。
そんな時、雑貨屋さんで手前のチ ビホウロウカップを発見。
値段もかわいく確か300円くらい。
このサイズだと2歳のネム子の手にはジャストサイズ!
これを買ってからマイカップがやる気をださせるのか、
歯磨きも喜んでしてくれています。
しめしめ、ラッキー♪

| | コメント (0)

2008年8月20日 (水)

引っ越しはがき、作りました

引っ越して3か月あまり。
忙しさにかまけて先延ばしにしていた引っ越しはがきを
やっと少し前に発送しました。

Imgp6107

年賀状などのたぐいは職業柄、いつも自作。
これも仕事で使い慣れた「Adobe Illustrator」と
「Adobe Photoshop」という
ソフトを使い、光沢のある写真用はがき用紙に1枚1枚自宅プリンターで
地味ーーにひたすら印刷。
我が家のセールスポイントと新住所、
写真はモノクロに変換したもの&カラー、抜粋して両方入れました。
画像はありませんが、表側の下半分には、
我が家までの地図を作って入れました。
(分かりにくい場所に立つ我が家なのでこれ必須!)

届いた友人たちからは「どこのDMかと思った(笑)」
とか言われましたが、ひとまず、引っ越ししたら
必ずやらなきゃと思っていた作業を済ませてよかったよかった、
と一息つけました。

| | コメント (2)

2008年8月 8日 (金)

キッチンまわりの働きものたち

新しいキッチンに買ったものたち。

カルファロンのフライパン。

Imgp4816

アメリカのメーカー。これはIH専用モデルらしく、熱伝導率もよく、
汚れもさっと落ち、使い心地は抜群でした。
サイズはふた付きの大きい方が30cm、小さい方が21cm。
フライパンは何と言っても大きい方がいい!という私の頑な主張が
夫にも受け入れられ、購入。(あ、けど小さいのも一個あると
やっぱり便利ってことで両方購入。)
ま、それゆえに、カルファロンに行き着くまでは、
フライパン探しが結構難航したのですが。
(フライパンってだいたいは25cm近辺のものが多く、30cmがあったとしても、
フタ付きってのがなかったりする。そしてもちろん、
不精な私にとって、出しっぱなしにしといても許せるデザインの良さは大事!)
大きなフライパンだと、ハンバーグ、家族分一気に焼けるし、
ほんとに便利です。
ただ、難点も一つ。これ重っ!出産後、腕に相当抱っこ筋が付いたと
自負してる私ですが、これはもう片手で持とうもんなら
10秒経たずに腕がプルプルしてくる。
けれど、IHだと、フライパンのすぐ隣のIHのトッププレートにフライパンを
置いて盛り付けできるので、できた料理の移動距離(?)が
少なくすむ、という点では便利でした。

そしてもひとつ。
SHIMANTO
のまな板。

Imgp4753

高知県、四万十川流域のひのきを使ったこのシリーズ。
アルミハンドルのものも捨てがたかったのですが、
シンクの端と端に渡して置いておきたかったので、
よりサイズの大きなこれを選びました。
使いはじめはぷ〜んとひのきのいい香り。
今も水に濡れるとまだかすかなひのきの香りが漂います。

その他にも、ベジタブルブラシ(として作られたものかどうかは定かじゃないけど)
をスタディオクリップで購入。これはびっくりするくらいお手ごろ価格。

Imgp4435

新ジャガの時期は、大きい方を私、小さい方をネム子が
使って、皮のドロ落としに大活躍でした。

あとは、ネム子&コネム子用に、樹脂でできた
Shinzi Katoh のランチョンマットを。

Imgp4717

以前から、樹脂製のランチョンマット自体はその存在を知っていましたが、
気に入ったデザインのものがなく、実は買っておいてなんですが、
特に Shinzi Katoh が大好きって訳でもないのですが(笑)、
これは買って大正解でした。

我が家の古材のダイニングテーブル、最初はその風合いはもちろん、
キズが目立たないから、ってことで購入を決めたのですが、
実は毎日生活してみると、キズと同じ位気になってしまうのは
グラスなどの水滴でできる輪ジミ。
しみ込むので意外と消えないんですよね。
コースターはもちろん使っているのですが、
ネム子がいちいち律儀にコースターの上にグラスを置くわけもなく。
このランチョンマットなら、グラスはもちろん、
お皿など一式のせちゃえるので便利です。
そして食べこぼしで汚れたマットは
そのままシンクでさっと洗えば元通りに。
後片づけの時間も短縮され、これは本当にお勧め。

あと家電では、無印のトースター。

Imgp4442

実はもうかれこれ4年ほど、トースターのない暮らしをしていた
ネム家。トースター自体はそんなに高いものではないので、
買おうと思えばいくらでもかえたのですが、
ないならないなりに、生活できてたことも事実。
(パンとかはガス台の魚焼きで焼いちゃってたし。笑)
けれど、引越しを機に久々にトースターを我が家に迎えました。
シンプルですっきりしたデザインの無印のもの。
これもすっごくお手ごろ価格。
ただ、トースターはキッチン背面の収納カウンターに
サイズを測って収納スペースを最初から設けたので、
普段はそこにしまっていて、使うときだけ出してます。

その他にも、写真はないですが、ずっと欲しかった
GROBALの包丁セット(牛刀、ペティナイフ、シャープナー)も購入。
こちらも、脅威の切れ味で本当に買って良かった!
料理の腕が確実に上がった(気分)になるし、
食材のエッジがシャープになることで料理の味までかわる感じ。
それと今までなじみのなかったペティナイフ、
私の小さな手にはこれが意外とドンピシャで牛刀よりも
こっちの方が出番が多いです。

我が家では料理担当は完全に私。
キッチン周りのものが新しくなると、そりゃもう気分よくなります♪

| | コメント (8)

2008年8月 6日 (水)

キッチンの大きなニッチ

 Imgp6123_2

夜中、喉が渇いて目が覚めて、水でも飲もうとキッチンへ。
寝ぼけてて間違えて付けたのは
キッチンにある大きなニッチの照明でした。
真っ暗なLDKで、そこだけポッと付いた照明が、自分の家ながら、
はっとするほどなんだかきれいで、思わずぱちりと撮ってしまいました。
自分の家の中に、こんなシーンがあるなんて、以前のアパート暮し時代には
考えられない!ちょっと贅沢な気分になれました。

このニッチ、その奥行きを利用して両サイドをキッチン側からは
パントリーとして、LDK側からはPCまわりの収納
(プリンターもおさめちゃってます)として使っているため、
実は奥行きが40cmほどもある結構大きなニッチ。

このニッチには、とりあえずガラスの大きなピッチャー
(ネム子いわく、「金魚鉢」。笑)を置いて、
すぐ目の前の夫実家の家庭菜園兼庭からパクってきた(笑)、
適当な花を生けてる(というか、投げ込むだけだけど)
ことが多いのですが、このかなり大きなピッチャーを
ここに置いておけるのも、この奥行きあってこそ。
最初は「ピザ窯みたい」(笑)なんて評判もあったこのニッチなのですが、
キッチンのアイキャッチャー的な役割もあるし、
もっともっと使い方を工夫したい、と思わせてくれる、
我が家のインテリアのキーになるスペースなのかも知れません。

| | コメント (3)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »