« デッキ材とタイル、浴槽発見 | トップページ | 壁工事5 »

2008年3月29日 (土)

2008.3.29 塗装打ち合わせ

今日は、現場で、塗装関係の細かい打ち合わせを、設計Yさん、
インテリアのトータルアドバイザーであるカリスマ専務Iさん、
私、夫ouji、塗装屋さんとで行ってきました。

以下、その覚え書き(*長文です!)


・ケーシング等は全て、白ステイン(木目が見える白)に

・子ども部屋ドア(2つ)、トイレドア以外の室内ドアは全て、
 白ステインに

・棚板(パイン集積材、下足収納、LDK収納の扉は
 全て、白ステインに

・玄関ドアは、現状のままのブラウンに

・ロフト収納から出入りする点検口の扉は白ステインに

・玄関入って右手の板壁は、木目が見える薄いブルーグレーに
(当初は白を予定していたが、専務Iさんによると、
 このブルーグレーの方が、ニュアンスが出て、
 素敵に仕上がるだろうとのこと)

・玄関のアンティークステンドグラスの木枠は、
 当初の白汚しではなく、板壁に合わせて、
 玄関側もLDK側も、両面ブルーグレーに

・洗面室入り口のヒバの古材は、木目を生かす薄いグレーに

・LDK中央の古材柱(大黒柱)は、薄いブラウン系のステインに
(当初はクリアのワックスの予定だったが、ケヤキは経年変化で
 徐々に赤みが出てきて、和風な印象になってしまうため、
 それを防ぐ意味で、木目を生かしつつ塗装することに)

・浴室天井と、洗濯脱衣室の天井(板張り)は、
 そのままの木のカラーが見えるよう、クリア塗装

・ウッドデッキ部分軒の板張りも、同じくクリア塗装

・トイレドア(ポケットドア)は、少し濃いめのブルーグレーに

・子ども部屋ドアは、ペールグリーンの濃淡に
(LDK側を濃い方のカラー、奥の側は淡い方のカラーに)

今回の塗装の打ち合わせ、実はかなり楽しみでもあり、
ものすごーく悩みどころでもありました。
それぐらい色って重要な要素だと思います。
壁はクロスではないし、ドアも木製なので、
もし、万が一気に入らなかったり飽きたりすれば
塗り直せないわけではないけれど、
ひとまずしばらくは、ここで決めたカラーに落ち着くわけです。

とにかく1番迷ったのはこの2箇所。
子ども部屋と、ヒバの古材。


子ども部屋に関しては、当初はどこか壁を一部
色を付けようと思っていました。
入ってすぐ、一番に目にする南面の壁を塗るか、
それとも、2か所あるクローゼット(扉を付けないから
「クローゼット」というよりも、「収納スペース」と
言った方がよいかも)の一番奥の壁面だけ塗るか、
ということで悩んでいたのですが、意外や意外、
結果、ドアを塗ることにしました。
これは、色を将来万が一変えたいということになったら、
壁よりはドアの方が塗り直ししやすそう、というoujiの意見と、
子ども部屋はカーテンや照明などのインテリアでいくらでも
イメージを変えられるから、壁は白で残しておいた方が良いかも、
という専務Iさんの提案でもありました。
そして、ドア色はIさんからの提案でペールグリーンに。
これは、子ども部屋に入る短い廊下の「黒板壁」との
マッチングを考えたカラーとのこと。
そして2つある子ども部屋のドアのカラーを、
同じペールグリーンでも濃淡を付けて微妙に変えることに。
これは、そうすることで、全体として色のバランスが整い、
より遊びゴコロのある楽しい一角になるだろうという、
Iさんの経験に基づく「読み」。これが吉と出るかいなか。
私にとってはグリーンというカラーは少し冒険。
ちょっとワクワクしています。

そしてもう一か所、迷いに迷っていたところ、
洗面室入り口のヒバの古材について。
ここは、このヒバの木目や風合いがとってもよくて、
当初は白汚しで塗る予定だったのですが、
塗るのがもったいないなあ〜と思っていた箇所です。
この部分、結果は、白でもクリアでもなく、
木目が見える薄いグレーになりました。
これも、Iさんの「このヒバをクリアにすると、
樹種の異なる大黒柱(ケヤキ)のカラーとケンカするかも知れない」
という読みにて。確かにそんな気もします。
グレーを木目を潰さない程度に入れる、というIさんの提案。
グレーは、個人的には結構好きな色。
薪ストーブの後ろに入れる鉄板のカラーもグレーなので、
そのグレーともリンクしそうだし、ブルーグレーとも合うし、
アンティーク窓枠の洗面室側のカラー(ブラウン)とも
合わなくはないだろうし、これはこれでいいのかも。
これも仕上がりが気になるところです。

今回の打ち合わせでは、立ち会った塗装屋さんがその都度
「こんな感じ」と、色をその場で調合して作ってくれ、
そこからこれというカラーをIさんと探して選んでいくのですが、
それがなかなか楽しかったです。
なんだかとてもオーダーメイドな感じで。
こういう家づくりをしているので、それは当たり前なのかも
知れないのですが、改めて「ああ、私こういう、
色を見たり探したりする、感覚的な作業って楽しい♪」
という、今の自分の職業にも通ずる、
自分の志向というか、好きなこと、を再確認できた作業でした。

**************
忙しかった今週、久々に今日現場に入ったのですが、
驚きの大変化続々でした!ますます作業が進んでました。
その変化については来週早々にでもアップする予定です。

*ランキングに参加しています。
もしよかったら応援クリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ

|

« デッキ材とタイル、浴槽発見 | トップページ | 壁工事5 »

打ち合わせ覚え書き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デッキ材とタイル、浴槽発見 | トップページ | 壁工事5 »