« ネム家の間取り解説(その3) | トップページ | フレーミング工事7(その2) »

2008年2月22日 (金)

フレーミング工事7(その1)

2月20日の現場の様子です。

気付いたら壁は全部立ち上げられ、屋根がかかっていました〜。
Imgp2587


こちらは違うアングル(北西)からの写真。
屋根の上で我が家のカナダ人棟梁Rさんが作業中でした。
Imgp2589


それでは中に入ってみます。

こちら、「寝室2」からWIC、洗面室、洗濯脱衣室、浴室へと
一直線に続くところ。一番向こうに見えるのは浴室の窓です。
Imgp2596
こんな風に室内の壁もどんどん骨格をあらわしています。


こちら、子ども部屋の中から、西に向いた窓を見たところ。
Imgp2592
写真だと分かりにくいのですが、南側(向かって左側)に向かっての
傾斜天井、一番低いところは160cmしかありません。
男の人だと頭がつかえます。設計図には確かに
天井高がそう書かれていたのですが、
実際に中に入って「あ、そういえば」と思い出しました。
多少の圧迫感を感じますが、子ども部屋をあまり大きくとる予定
ではなかったし(快適なLDKで家族で一緒に過ごす時間が
自然と増えるようにしたかったので)、寝るだけの部屋という
位置づけなので、かえって良かったかもしれません。
天井が高いLDKとの対比もおもしろそうだし、
天井が低かったりするのって子どもって好きですよね(笑)?
仕上がりが楽しみです。

こちらは、洗濯脱衣室の窓。
北側に面しています。埋蔵金で有名なあの山が
ものすごーくきれいに見えます。
Imgp2594

上部に横長の窓をつけたのですが、
もしかしたらこの窓が家中で一番景色がいいかも。
この景色が洗濯機とスロップシンクの上に見えるなんて、
なんだか少しもったいないような、それくらい気持ち良い眺めでした。
けど、これなら家事も気分良くこなせそうです。

そう、景色の話ですが、我が家は多くのお家がそうであるように、
南向きのLDKに大きな窓をつけているのですが、
壁が立って、中から外を見てみると、意外と北側の眺めが
いいことに気付きました。東側は、小川と森に面しているので、
そちらの眺めもかなりいいんじゃないの〜、なんてoujiと
ずっと言っていたのですが、実際に見てみると、
北側、かなりいいです。もしかしたら当面の家族全員の寝室、
計画していた「寝室1」→「寝室2」に変更ってこともあるかも。
狭い狭いうちの寝室、「寝室2」の方が若干(0.2帖だけだけどさ)
広いし、水回りへの動線もいいしWICはあるし…。
さて、実際家が建ったら、ネム家はどちらの部屋で
寝ているでしょうか(笑)?


→フレーミング工事7(その2)へ続く

*ランキングに参加しています。
もしよかったらぜひ1クリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ

|

« ネム家の間取り解説(その3) | トップページ | フレーミング工事7(その2) »

フレーミング工事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネム家の間取り解説(その3) | トップページ | フレーミング工事7(その2) »