« フレーミング工事1(その1) | トップページ | フレーミング工事1(その3) »

2008年2月12日 (火)

フレーミング工事1(その2)

大工さんたちは、土台の木材を、基礎の立ち上がりの長さを
測りながらその場でカットし、ネジ留めのための穴をあけ、
固定していく作業をしていました。
Imgp2385


こんな風に、基礎立ち上がり部分には、土台を載せる目安のラインが
書かれていました。
Imgp2384


そして、1枚目の写真にもあるように、ベースの床板を載せるための
「根太(ねだ)」も届いていました。
(あ、根太の上に、私が差し入れた肉まん&お茶の袋が載っちゃってますね)
その他にも、この日届いた大量の木材たち。

どこの部分に使う木なのか、私には分かりませんが、
寸法らしきものが書き込まれてありました。
Imgp2374


こちらには短くカットされた木も。
これまたどんな部分に使うのか。
Imgp2387


そして「ouji様」と、夫の名前が記入してある木材も。
うちの部材なんだから当たり前なんだけど、なんだかちょっと感動。
Imgp2367

ちなみにここに書いてあるゾウのマーク。
このメーカーのトレードマークらしいんですが、
うちの土台となる床、車でその上を走り回ってもびくともしないらしいです。
(その丈夫さの象徴としてゾウがトレードマークになってるらしいです。
カナディアン棟梁Rさん談)

→フレーミング工事1(その3)へ続く

*ランキングに参加しています。
もしよかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ

|

« フレーミング工事1(その1) | トップページ | フレーミング工事1(その3) »

フレーミング工事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フレーミング工事1(その1) | トップページ | フレーミング工事1(その3) »