« 2008.1.20 キッチン等打ち合わせ(その1) | トップページ | 基礎工事3 »

2008年1月24日 (木)

2008.1.20 キッチン等打ち合わせ(その2)

IH、シンクがある、キッチンメイン部分は、シン下をオープンのままにし、
生ゴミ用のゴミ箱を置くことに。けれど、包丁、おたまなどは
子供も小さいため、しまって収納しておきたかったので、
キッチンの一番右端の部分に引き出し式のそれ専用の収納を作ることに。
IH下は、当初オープンの予定でしたが、内引き出しが1段入った
大きな引き出しを付け、ざるや鍋などを収納する予定。
そしてそのサイド、キッチン左端、最も壁よりの部分には
スパイス、調味料、油等を収納する縦長の引き出しを付けてもらいました。

メインキッチン背面の横長収納棚は、最上部にカゴ(素材はおそらく柳かな)
をセットし、それをそのまま引き出しにしたものを5個くらい入れ、
そこにお茶や、お菓子、乾物などを入れる予定。
これは、うちがお願いするビルダーのカリスマコーディネーターIさん
(専務の女性。彼女の別宅はそれはそれはため息が出るほど素敵で、
それを紹介する本も出ています)提案によるもので、
このかご収納は、初めてうちで採用されるというもの。
通気性も良いし、かごはもともと好きで今のアパートでも
だいぶ多用しているので、とっても使いやすそう。
そしてそのかご収納の下部は、観音開きの扉が2組付いた
食器収納にしました。そしてその食器収納の扉にもこだわりが。
もともとは、型板ガラスを扉に入れ、軽さを出しつつも隠したい!という
のが私の希望だったのですが、やはり「膝から下の部分にガラスを使うのは
危険」ということで、では、鳥かごみたいな金網(って、分かります?)を
扉に、と言ってみたんですが、それだと今度はホコリが気になる…。
ってことで、扉の上半分に金網を入れ通気性を保ちつつ、
下半分は木にして、ホコリの侵入を防ぎ、安全性もクリアする、
という案でした。そんなキッチン収納、みたことないぞ。
というわけで、これは楽しみ半分、ドキドキ半分。

そんな感じで、今回の打ち合わせは主にキッチンの細かい部分を
決めることに終始しましたが、その他に決定した事項は以下の通り。

・IH機種の変更 Nationalから東芝に
(トッププレートのデザインを重視)
・ニッチの棚部分の素材決定 棚板は古材で
・書棚の棚板は可動でなく、A4サイズ固定で
・トイレの床タイル 30cm×30cmの磁器タイルから
白の六角形のモザイクタイルに(めざせ、昭和テイストのトイレ!)
・薪ストーブまわりの仕様 アンティークストンタイル+鉄板に決定
・LDKと洗面スペースの間に入れるFix窓 アンティーク窓枠を施主支給
・玄関とLDKとの間にはアンティークステンドグラス
(カラーなし)を入れる
・木製サッシの内側カラー 木の素のカラーそのままから、
木目が見えるホワイト塗装に
 
などなど。その他にも、個人的にとても楽しみな玄関スペースと
子供部屋付近の仕掛け(これらについては追々)も決定しました。

3時間近くに渡る、長時間の打ち合わせ。
ネム子はキッズスペースの滑り台と&ドーナツ(なんと、
クリスピークリームドーナツでした!たまたま東京から来た
ほかのお客さんが差し入れてくれたものらしい。なんてラッキー)で
終始ご機嫌。そしてコネム子は終始爆睡、というわけで、
なんとか乗り切ることができました。

|

« 2008.1.20 キッチン等打ち合わせ(その1) | トップページ | 基礎工事3 »

打ち合わせ覚え書き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2008.1.20 キッチン等打ち合わせ(その1) | トップページ | 基礎工事3 »